日本が大騒ぎした時代でした。

当時、インターネットや船橋の割り切りの携帯電話はありませんでした。

翌朝、JAL123便のB747写真を載せた地元の新聞で

クラッシュ記事があります、

とにかく、日本で重大な事故が起こりました。

船橋の割り切りの新聞記事に登場する現実

ボーイングの工場見学で感情を失いました。

その1週間後、帰国したジャンボマシン

また、クラッシュするかどうかについての不安も増しました。

帰国日にJAL機の船橋の割り切りへ

「この飛行機は大丈夫ですか?」

多くの日本人帰国者が一様に訪れていた光景

記憶がはっきりしている、

1週間後に家に帰った後、私は全体のクラッシュを理解しました、

当時生きていた祖父と祖母

安全な帰国のために安心

赤米を持ってきて一緒に食べた

美味しさと帰国の喜びのような気持ち

思っていなかった……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です