(船橋出会い

職場や近所のスーパーでこんな感じのオバがまだいるのかもしれません。

船橋出会いには何かあったようですが、本質的に何もなかった時代ではないでしょうか。

戦後30年、音が出ない壊れたピアノ、セーラー服を着た醜いおばさんの薄手のパンティー、そして葉っぱが後ろに立っている観葉植物だけが手に入れた。じゃなかった?

「戦争」増えすぎた愚かな人間を一掃するために行われる定期的なイベントであり、神の邪悪なファズとも呼ばれています…

船橋出会い、私はまだ大会社に通うのに忙しかった。そして書道教室とそろばん教室に行ってきました…

当時、そのような写真が掲載された雑誌は、空き地や川岸に捨てられることが多かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です