私が手に入れた船橋の出会い掲示板

acet 』
20代の終わりを振り返ると、1船橋の出会い掲示板は圧倒的に精神的に苦しんでいました。学生の頃、食べ物も衣類も避難所もありましたが、何も満足できませんでした。

船橋の出会い掲示板

男性も女性も平等に情報交換はできましたが、悪かったりオタクだったりしても、はるかに孤立していました。やりすぎて対策を繰り返したので、結局は薄っぺらな「いい人」ではなく「私の黒さ」が前面に染み出てきたのかもしれません。

それは独立した政治家のようであり、孤立の仕方はあまりにも悲しかった。私が手に入れたものは、今では思い出せないほど大きくはなかったと感じています。

大学生から大学生までの3回、「卒業するまでに本を書く」ことを決意し、書くことを真似た。若者向けのライトノベルやケータイ小説の文化に精通していなかった私にとって、鉛筆や原稿用紙と向き合う貴重な時間でした。

質は別として、船橋の出会い掲示板を含めると、学生時代に文庫本に約8冊の原稿を書いたことになります。予備調査や辞書を駆使して、実体験、長編映画、SF、ミステリーを書きましたが、10代の狭い世界や狭い感情が際立っています。

この時代、それは便利で、私の仕事をハードカバーで縛りました。それは私の心の中で世界を綴った2冊の本になりました。
ヒステリックな色」
「船橋の出会い掲示板な色…それは黒です。」

そんな文章を書いていると、閉じたカーテンの隙間から朝日が無理やり入り込み、ぼんやりと部屋が明るくなりました。 「明るい」とはいえ、手元の原稿を照らす小さな裸電球はまだ明るいです。